本文へスキップ

鬼みそ漬は胡瓜・茄子・大根・白瓜を主原料、味噌を漬床とする農産加工品です。

ファックスでのご注文は0771-42-5568

メールでのお問い合わせはこちら

鬼みそ漬ファンの定番難しく考えないでください

鬼みそ漬 正味量り売り販売  

商品イメージ1

鬼みそ漬ファン向けの店頭販売と同じ販売方法]

品番:011−05−45(左の写真)4,500円[本体価格]
例えば、
正味1,285gのご注文ならば、目嵩さで申し上げてこんな量。
野菜種4種(胡瓜・茄子・大根・白瓜)なら、たっぷり入ります。

品番:011−05−35 (一番人気)3,500円[本体価格]
上と同じ野菜種4種で、正味1,000gで充分はいります。
お二人がお住まいで、常備漬物にされる場合は、おおむね3月分となります。こんなことを目安にご注文ください。


商品イメージ2

品番011−05−30(木箱に換えてご利用が多い)
3,000円[本体価格]
正味856g
なんとか、野菜種4種が入ります。進物にされることの多い価格の正味販売です。


品番:011−05−25
(左の写真)
2,500円[本体価格]
正味714g 3種の野菜が入ります。2種ならゆとりがございます。これ未満の場合では正味での進物スタイルは不可となります。この場合は、他の定番をお奨めいたします。

鬼みそ漬のお味の特徴は、それぞれの原料野菜種の持ち味がはっきりしていることです。長い製造期間の間に、原料野菜と味噌とが喧嘩をして造りあげる味は、はじめてのお召し上がり時にお持ちになるイメージとはまったく違い、多くのお客様がビックリされます。
そんな訳で長年の鬼みそ漬ファンは、好みがはっきりされています。ですから、全部大根でというご注文も結構ございます。


商品イメージ3

品番:011−05−45の鉢盛りをアップ

内訳のご希望は、その都度ご指示願います。
お任せでのご用命も多いので、そのようにお申し付け下さっても構いません。

ご注意:ご自宅用に直送は、ケースに荷札を直接貼ります。
先様送りの場合も原則同じですが、お申し出により二重包装もいたします。まずは、ご相談願います。のしも合わしてお話ください。


商品イメージ4

竹皮包みの中身の姿を説明いたします。

ここ左の写真は、西瓜以外の4種を一つの鉢に盛り付けました。
胡瓜・茄子は、姿のまま。大根・白瓜は、元の姿も製品もかなり大きいものですから、包丁を入れた切身の姿です。西瓜は、2個です。

竹皮包みの包装での特化する点は、野菜種の単品をバリア性の極めて高い袋に入れ、アルコール製剤で生菌活動を抑制し、さらに脱酸素剤を添付することで光合成に基づく二酸化炭素の発生を抑制しています。
従いまして、味噌漬けの性格以外での環境上の保存性を高めていますので、加熱殺菌を施さないこの漬物を旨くコントロールしています。
勿論、食されればこの漬物が含有する沢山の有益菌が活発な活動を展開します。


このページで、鬼みそ漬の食品表示(共通部分)を紹介いたします。

品 名 農産加工品 野菜の味噌漬。
漬け原材料 味噌(米・大豆・食塩)、食塩、糖類(砂糖・還元水飴)、鰹節エキス、製造用剤(トレハロース)、
甘味料(ステビア・甘草)
保存方法 3〜6ケ月の賞味期間を表示しています。冷蔵保存された場合は、その限りではありません。
製 造 者 京都府南丹市八木町八木鹿草45−1。
片山金蔵商店 代表者 片山金弥
使用上の注意 開封後は冷蔵庫で保存願います。濡れ手では取り扱わないでください。。

ショップ情報

鬼みそ漬製造本舗

〒629-0141
京都府南丹市八木町八木大橋西詰
TEL.0771-42-2304
FAX.0771-42-5568
info@oni-misoduke.com
→ショップ案内